江戸時代の風俗

男性なら誰もがお世話になってる
もしくはお世話になりたいと思うデリヘル
いつも利用させて貰ってますが、とても気持ちの良い物です。
では、風俗の歴史とは何なのか?
古くは江戸時代の吉原からでしょうか。
その頃の風俗を早速PCで調べてみました
調べてみると江戸時代の風俗の給料は凄いです。
吉原での水揚げ料は異常に高く〇億円相当で
女が買われていたみたいです。
…とんでもない金額ですよね。
昔の蕎麦屋でも千円位なのに、
女には〇億円も払える江戸時代はやっぱり
景気が良かったんだなぁと感じます。
風俗は時代の写し鏡なんですね。
景気が良ければ風俗の女の子達も沢山稼げるという事です。
反対に社会の景気が悪ければ
風俗嬢の女の子の給料も悪くなる…
中世ヨーロッパの風俗嬢は卵1個分の値段で
体を売っていたそうです。
流石にそれは可哀想ですよね…
自分の体を削って体を売ってくれているのだから
ちゃんとお金位は払ってあげたいモノです。
だから、どんなに景気が悪くても、
僕は今日も岡山 デリヘル
の女の子にお金を払って風俗業界に貢献
したいと思いますね。

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Both comments and trackbacks are currently closed.